About /施設紹介

グリーンスポーツセンターはどのような場所があるのか紹介します。


1.交流拠点「みつぼの花」

庄内温水プールの管理棟だった建物が、交流拠点「みつぼの花」に生まれ変わりました。

定期的に企画が入れ替わり楽しく体を動かせるスペースを中心に、グラウンドの観覧スペース、室内の休憩スペース、小さな図書スペース(しょうないREK)などがあります。

又、地域の指定避難所に指定され、洪水や高潮災害時には指定緊急避難場所にもなっています。

この「みつぼの花」は、水粒(みつぼ)という小さな種から様々な交流が生まれ、それらの交流が集まって彩り豊かな大きな花を咲かせることを願い、命名されました。

いつでも、ふらりとお立ち寄りください。


2.回遊路「こもれびのみち」

スポーツセンター内には回遊路が張り巡らされています。ウォーキングコースになるだけでなく、ペット・コミュニティ、ご近所さんの井戸端会議などの場になり、新しい交流やアクティビティを促します。この回遊路からグラウンドの試合を見守ることもできます。

スポーツをする楽しみだけでなく、見て楽しむこともできます。


3.ちびっこ広場

リニューアルを機に、大型遊具が導入されました。公園が少ないと言われるこの地域の中で、広々としたと大型遊具がある貴重な広場です。

大小様々な遊具と空間があるため、乳幼児のお子さん、小中学生、いろいろな世代の子どもたちが遊べます。


4.ウェルネス広場

ウェルネス広場は神崎川に面しており、広い空に囲まれ、大阪市内を見渡すことができる気持ちのいい広場です。「神崎川とグリーンスポーツセンター」の風景は、とよなか百景に選ばれています。

※写真の一部は、スポーツセンター南側の堤防から神崎川方向を見た写真です。ウェルネス広場から同じような景色をご覧いただけます。

健康体操器具もあり、自分のペースで、自由に体を動かしたりのんびりすることができます。


5.グラウンド(球技場)

リニューアルによって、夜間照明設備が整備されました。グラウンドの広さは、およそ110m×60m。少年サッカーなどの球技に使用できます。

グラウンドの全周に設けられた回遊路が、試合などの観覧席になります。

グラウンドの利用は有料で、予約が必要になります。詳しくは、豊中市HPをご覧ください。


6.テニスコート

リニューアルによって屋根付き1面、屋根なし1面、計2面のテニスコートが新設されました。いずれも夜間照明付きです。

こじんまりとした規模ですので、初級者の方も他の利用者を気にすることなく楽しめるのではないでしょうか。

テニスコートの利用は有料で、予約が必要になります。詳しくは、豊中市HPをご覧ください。


7.バーベキューコーナー

ウェルネス広場の一角に新設された、1組限定のバーベキューコーナー。大空の下、神崎川を見ながらのバーベキュー。特等席です。