あと5日!!迫るグリスポピア2021開幕!

開催情報 vol.9.
10月1日のグリスポピア2021の開幕まであとわずか。
会場全体には皆さんをお迎えする旗がお目見えし、みつぼの花の館内ではアート作品の設営が出品者によって急ピッチで進んでいます
そんな慌ただしい中、地域のバンド練習&コンサートリハが行われていました。
このバンドは10月16日(土)のグリスポピア・コア〜笑顔の2daysに出演する、大阪音楽大学ミュージックコミュニケーションコースの学生がマネージメントし、地域の演奏家が集う「庄内ストリートバンド」。
庄内ストリートバンド
コロナ禍によって地域での練習環境が制限されている中で、みつぼの花を活用されています。演奏家同士をパーテーションで仕切り、窓を全開。リズミカルで賑やかな音がグリスポに響き渡っていました。
「音を出せる環境=密閉された空間」は、現在のコロナウィルス感染症対策において使用が禁止、制限され、困られていたそうですが、みつぼの花の館内利用のガイドラインを守りながら、自由に音出しが出来る環境を得て、バンドの音もコンサートに向けて仕上がっていきます。ぜひご期待ください!!

スポーツとアートの新たな祭典、グリスポピア・コアについては後日改めて詳細情報をアップさせていただきます!

豊中市最南端で展覧会「アップサイクリング サイト、アートとあなたと。」

開催情報 vol.8.
前回に引き続き、グリスポピア2021〜通期プログラムからの案内です。
グリスポピア2021でアート作品の企画展を開催です。
企画展フライヤーダウンロードはこちら。
今後の活躍が期待される若手作家からキャリア豊かな造形作家まで、グリーンスポーツセンターにゆかりのある作家のアート作品を長期にわたり設置。
一人一人が感じ入れる、新たな光景を創出し、他にはない現代的な施設の価値をより一層高めていく試みです。アートディレクションはグリスポピア2021の総合プロデュースを担当する森野晋次氏(アートプロジェクト気流部代表)。

アップサイクル(Upcycle)とは、元々の形状や、特徴などを活かしつつ、古くなったもの、不要だと思うものを捨てずに、新しいアイディアを加えることで別のモノに生まれ変わらせる考え方であり、グリーンスポーツセンターの再整備もアップサイクルの試みの1つと言えます。

今回の展覧会では、そういった再生された「敷地」「施設」「空間」にアート作品をインストールすることで、より多様なスペースの在り方、開かれ方を示し、来場者一人一人の身体と心に寄り添うような“+時間”を生み出す、アーティストからの私的な声(語りかけ)を、公共空間の中に潜在させます。

この企画展示の中に、これまでの再整備計画に協力してきた、大阪大学工学部建築・都市人間工学研究室のプロジェクトチームによるアーカイブス展示や、ARイルカのしょうちゃんプロジェクトも含んでいます。

◯展覧会期間   
2021年10月1日(金)〜2022年3月31日(木)
◯場所   
みつぼの花、南側石階段エントランス、ウェルネス広場 
◯開館時間
9時〜21時 ※入場無料 (休館日 12月28日〜1月4日)

◯出品作家(五十音順) 
一瀬 大智(画家) 
ちびガッツ(パフォーマー)
森野 晋次 (現代美術家、アートプロジェクト気流部代表)

◎特別出品
大手 裕子(織作家、大阪成蹊大学芸術学部教授)

◉企画プロジェクト
大阪大学工学部 建築・都市人間工学研究室 庄内プロジェクト
ARしょうちゃんプロジェクト

秋から冬、そして春へと向かう季節の中で、豊中最南端の地で、皆さんをアート作品がお迎えします。ぜひ、気軽にお立ち寄り下さい!

作品紹介は会期中随時UPしていきます!

降臨!A Rしょうちゃん!

開催情報 vol.7.

グリスポピア2021の開幕まで2週間を切りました。今回の情報は、イベント月間通期のプログラム案内です。

「お帰りしょうちゃん。ただいま、グリスポ!」

グリスポのキャラクター、「イルカのしょうちゃん」が帰ってくる!
今話題のARを導入し、ウェルネス広場(イルカのしょうちゃんが描かれていた旧庄内温水プールのあった場所)に設置されたQRコードをスマホ等で読み込めば、簡単な操作で3Dしょうちゃんのアニメーションがその場に現れます。
「場の記憶」と、現在の風景が交差する参加型のプログラム。さあ、みんなでしょうちゃんと一緒に、写真や動画で記念撮影をお楽しみください!
ARとは?
「Augmented Reality」の略で、日本語では「拡張現実」と呼ばれています。スマートフォンやARグラス越しで見ると、 現実世界にナビゲーションや3Dデータ、動画などのデジタルコンテンツが出現し、現実世界に情報を付加する技術です。
★ARシステム開発サポートには、伊藤俊輔氏(スナテク)が担当。これまでに、関西のゲーム会社で、多くの家庭用・モバイルアプリ開発に従事されています。現在、大阪成蹊大学芸術学部准教授。
★3Dアニメーション&モデリング制作サポート には坂田シャハル氏(大阪成蹊大学芸術学部ゲームアプリケーションコース3年生)の学生が担当。

◆基礎データ制作 /八木友晟氏(爺戯堂)
伊藤俊輔氏(スナテク)
是非、グリスポにお越しいただき、ARしょうちゃんを皆さんで降臨させて下さい!
朝9時から夜21時までのグリスポ会場時間内であれば、いつでも楽しんでいただけます。
又、一度スマホやタブレットで読み込めば、ご家庭でもどこでも、いつでもARしょうちゃんと遊べます。

点灯式&ハンドベルコンサート♬ワークショプ!セットリスト発表!

開催情報 vol.6.

ライトアップ「みつぼのヒカリカナデ♪」点灯式が決定!!
10月1日(金)18時30分点灯!
その後、くつろぎミュージックによるハンドベルコンサート&ワークショップを開催します。是非、おこしください!

◎当日の演奏セットリストが決まりました!皆さんご存知のラインナップです!
くつろぎミュージック
 ♪ ジュピター
 ♪ 見上げてごらん夜の星を
 ♪ 夜に駆ける
ハンドベルチームmyu-みゅう-
 ♪ のばら  ※豊中市花はバラです。
 ♪ きらきら星
 ♪ 喜びの歌
 ♪ ビリーブ

演奏順、曲目は変更になることがありますので、ご了承ください。

点灯式&ハンドベルコンサート
・日時/10月1日(金)18時30分 
・場所/みつぼの花
・鑑賞・ワークショップ参加無料
豊中市でご活躍され、様々な世代に向けての音楽教室やイベントを運営されている「くつろぎミュージック」によるハンドベルのスペシャル生演奏!その後、「ハンドベルチームmyuーみゅうー」による、子どもから大人まで、初心者も参加可能な合奏ワークショップを開催。みんなで光を奏でにみつぼの花に大集合!!
くつろぎミュージックホームページ
“みんなひとりじゃない”
通わせる心と響き合う音色がライトアップに輝きを与え、人、音、光のつながりがグリスポピアの開幕を告げます!!!
 ・くつろぎミュージック代表 吉田寛子さん(左)
・ハンドベルワークショップ風景(右)












ライトアップ「みつぼのヒカリカナデ♪」

開催情報 vol.5.

グリスポピア2021の魅力、それは、たくさんの方々との連携、協力によりつくりあげていくことです。

昨年大好評だった施設ライトアップがパワーアップして今年も開催。メインプログラムの一つとして「みつぼのヒカリカナデ♪」を展開します。そして、昨年に引き続き、四国大学・T-LAPが協力。

「みつぼのヒカリカナデ♪」
光と音のインスタレーション
時間/18時〜21時(会期中毎日)
みつぼの花を「水琴窟」に見立て、みつぼの花の館内から参加者が鳴らすハンドベルの音色と、施設各所のライトアップが連動し、音階により波及的に光の色が変化。音(波形)で光を奏で、その光景が施設外に伝播していく仕組みは、他にはない新たな試みです。
是非、ライトアップでの皆さんのご参加をお待ちしています!
ライトアップサポート
四国大学・T-LAP
/Tokushima Light Art Project
LED生産量の全国一位を誇る徳島県において、四国大学が主体となり、“光アート”をテーマに、デジタル化時代に呼応する創造的次世代教育から、地域産業と芸術文化が融合する、NEWローカライゼーションを目指し、立ち上げられたオープン・イノベーションプロジェクト。グリスポでは昨年度に引き続きライトアップを担い、長年にわたり埋もれていた施設全体を照らし出すことによって、地域資産としての新たな発信を試みます。
T-LAP ホームページ

四国大学 松重 和美学長(写真中央)

武庫川女子大学〜「しょうちゃんと防災まちあそび!!」

開催情報 vol.4.〜大学連携紹介

グリスポピア2021の魅力、それはたくさんの方々との連携、協力によりつくりあげていくことです。

◇武庫川女子大学
2020年のリニューアルオープンにあたり、元庄内温水プールの管理棟を「みつぼの花」と名付け、NEWグリスポの新たな方向性を打ち出していったのが、武庫川女子大学生活環境学科 伊丹康二研究室(建築・まちづくり研究室)です。また、みつぼの花の入口扉の装飾もデザインし、学生自ら施工されました。その様子は、こちら。
日々の生活に寄り添う建築と街のあり方を常に見据えながら、地域の課題抽出から、その解をしなやかに見出し、学生と教員が共に研究活動しているのがとても印象的です。
また、研究室学生の中には、グリスポの地区(大島町など)をフィールドとした卒業論文に取り組むなど、点としての施設だけではなく、面としての地域までを視野に入れながら研究活動中です。
そして、今年のグリスポピア2021では、みつぼの花が指定避難所になり、グリーンスポーツセンターが地域の防災拠点になったことから、「地域の防災」をテーマにした活動を展開されます。

◆武庫川女子大学の大学生と遊んで学ぶ防災ウォークラリー
「しょうちゃんと防災まちあそび!!」
グリーンスポーツセンターのまわりには、「みつぼの花」のほかにも、災害時に役立つ楽しい場所がたくさんあります。案内役のイルカのしょうちゃんと一緒に、そんな楽しい場所へ遊びに出かけよう!❶みつぼの花❷市営二葉第三住宅❸大島センター❹洲到止八幡宮の各地点でゲームをクリアすれば、スペシャルカードがもらえるよ! すべてのカードを集めて、オリジナルの防災マイブックを完成させよう!
◆日時:10月 3 日(日)、17 日(日)
◆各日2 回(10 時~、16 時〜)各90分 ◆集合場所 「みつぼの花」 
◆小学生以下は保護者同伴 ※小学生のみの参加の場合は大学生が引率します。
◆定員 各回15名 参加無料 事前申込制 ※当日参加OK ◆少雨決行 
◆申込先   グリーンスポーツセンター 
みつぼの花  06-6398-7391
※参照グリスポピアパンフ8ページ上段。

イベントに至るまでのフィールドワークの様子は改めてUPします。
武庫川女子大学 建築・まちづくり研究室(伊丹研究室)
指定避難所のサイン
「しょうちゃんと防災まちあそび!!」

 

大阪大学〜「記憶を巡るアーカイブス展」

開催情報 vol.3.〜大学連携紹介

グリスポピア2021の魅力、それはたくさんの方々との連携、協力によりつくりあげていくことです。

そこで、まずはじめに、グリスポ・大学連携パートナーとその活動を紹介していきます。グリスポは、その名の通り、“スポーツ”施設ですが、多くの大学やコースとの連携により、施設と地域(豊中市南部)の魅力をより発掘し、研究と学びの場としても活用頂いています。

◇大阪大学
グリーンスポーツセンターは、庄内温水プール跡地の活用を含めた大規模なリニューアルによって大きく生まれ変わりました。 そのリニューアルの基本計画から継続的に携わっていただいている、大阪大学工学部建築・都市人間工学研究室。(これまでのグリスポでの活動は、こちら) 
グラウンド周りの回遊路デザインや、みつぼの花(元プールの管理棟)の活用案など、今のグリスポのベースとなるアイディアを生み出した研究室です。温水プールの底に描かれていたイルカのイラストを発見し、描き起こした(2017年の発見当時は色も形もかすれた状態で、イルカとは一見分かりませんでした。)のも大阪大学の学生です。 
このように、大阪大学工学部建築・都市人間工学研究室の教員、大学院生、学部生と、代替わりをしていきながらも、NEWグリスポの発展を見守るスタンスで、研究と実践教育の場として活用いただいています。
そして、この秋の「グリスポピア2021」では、研究室内に発足した庄内プロジェクトチームによる、これまでの活動をとりまとめた展示とワークショップを展開します。

「記憶を巡るアーカイブス展」
・場所 みつぼの花2F
これまでのデザイン計画から、実践的な活動を振り返ったパネルを展示します。また、現在のグリスポの建築模型も展示します。
10月16日(土)17日(日)には
「楽描き(ラクガキ)〜集まれ!みんなの好き!〜」と題した、模型を使ったワークショップや、施設の新しい使い方の実践として、壁を使ったお絵描きワークショプも開催予定です。
※参照グリスポピアパンフ5ページ下段
庄内プロジェクトチーム

/

グリスポピア2021〜イベントパンフ公開 

開催情報 vol.2.

グリスポピアの全8Pのパンフレットが完成しました!

グリスポピア2021 イベントパンフ ダウンロードはこちら!

パンフレット 目次
〜1ページ
◇表紙 (ポスターにもなっています)
〜2ページ&7ページ
◇「グリーンスポーツセンターは皆さんと共に、 未来へ」庄内ループ・ピクチャーブック
〜3ページ&6ページ 
◇通期のプログラム
・「みつぼのヒカリカナデ♪」ライトアップ&点灯式+ハンドベルコンサート&ワークショップ!
・「おかえりしょうちゃん、ただいまグリスポ!」イルカのしょうちゃんARで復活!
・「アップサイクリング サイト、アートと あなたと。」アート作品の展示
〜4ページ&5ページ
◇グリスポピア・コア多彩なプログラム満載!の2Days
〜8ページ
◇武庫川女子大学生活環境学科 伊丹康二研究室「しょうちゃんと防災まちあそび!!」

GRESPOPIA 2021 ©️kiryu-bu  https://kiryu-bu.com


是非、10月はグリスポへお越しください!
この月間イベントでは、新型コロナウィルス感染症対策を強化し、「地域のココロとカラダを元気に、笑顔に!」をテーマに、多様な方々との連携、及びご協力により作り上げています。

グリスポピア2021〜開催情報 vol.1.

「グリスポピア2021」〜スポーツとアートの新たな関係が始まっています!〜
◇ 2021年10月1日(金)〜31日(日) 
リニューアルオープン1周年の 月間イベントを開催! 
アート作品の展示や、会場内のライトアップなど、 “グリスポ”が輝く1ヶ月。

また、メインイベントとして「グリスポピア・コア」を10月16日(土)17日(日)に開催。
施設全面無料開放で、スポーツ&アートのスペシャルコンテンツが満載。
多彩な参加型、体験型プログラムで、グリスポから笑顔があふれる“2DAYS”に!!
◇主催 / 豊中市 
◇共催 / 奥アンツーカ株式会社
◇協力 / R•PROJECT ガンバ大阪 トアルソン 豊中市小売商業団体連合会 豊中市スポーツ推進委員協議会
◇大学連携/ 大阪大学 大阪音楽大学 大阪成蹊大学 四国大学•T-LAP 武庫川女子大学 
◇総合プロデュース / アートプロジェクト気流部 
各プログラムの詳細につきましては、
オープニングまでに定期的に情報をUPしていきます。
どうぞご期待ください!
この月間イベントでは、新型コロナウィルス感染症対策を強化し、「地域のココロとカラダを元気に、笑顔に!」をテーマに、多様な方々との連携、及びご協力により作り上げています。

3月28日(日)は「庄内つくるフェス」!

3月28日(日)11:00から、 アーティストと子供たちで作り上げるミラクルワンダーワールド「庄内つくるフェスティバル」が開催されます!
ダンス、衣装、料理など様々な要素が混じり合ったパフォーマンス、独創的な音や表現にこだわったゲストアーティストによるコンサートをお楽しみください!

[主催]:一般社団法人タチョナ
[協力]:大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻、しょうないREK、NPOとよなかESDネットワーク、社会福祉法人淳風会特別養護老人ホーム淳風とよなか
[助成]:大阪府芸術文化振興補助金事業、豊中市文化芸術振興助成金、大阪信用金庫ふれあいスマイル基金

【日 程】2021年3月28日(日)開演:11:00〜(開場10:30 終了予定16:00)

【場 所】豊中市グリーンスポーツセンター内みつぼの花

【入場料】無料

【出演】
・ネギ松(akamar22!とこどもたち)
・激団モンゴイカ(ジャグバンド)
・マギカマメジカ(ワヤン・クリ)
・DODDODOBAND(ロックバンド)
・岩井礼子・岩井英樹(ヴァイオリン・ヴィオラ デュオ)
・庄内演劇部(演劇)
――――――――
・庄内つくるフェス企画チーム(武田力とこどもたち)

※出演者の詳しい情報などは、こちらをご覧ください。