あと5日!!迫るグリスポピア2021開幕!

開催情報 vol.9.
10月1日のグリスポピア2021の開幕まであとわずか。
会場全体には皆さんをお迎えする旗がお目見えし、みつぼの花の館内ではアート作品の設営が出品者によって急ピッチで進んでいます
そんな慌ただしい中、地域のバンド練習&コンサートリハが行われていました。
このバンドは10月16日(土)のグリスポピア・コア〜笑顔の2daysに出演する、大阪音楽大学ミュージックコミュニケーションコースの学生がマネージメントし、地域の演奏家が集う「庄内ストリートバンド」。
庄内ストリートバンド
コロナ禍によって地域での練習環境が制限されている中で、みつぼの花を活用されています。演奏家同士をパーテーションで仕切り、窓を全開。リズミカルで賑やかな音がグリスポに響き渡っていました。
「音を出せる環境=密閉された空間」は、現在のコロナウィルス感染症対策において使用が禁止、制限され、困られていたそうですが、みつぼの花の館内利用のガイドラインを守りながら、自由に音出しが出来る環境を得て、バンドの音もコンサートに向けて仕上がっていきます。ぜひご期待ください!!

スポーツとアートの新たな祭典、グリスポピア・コアについては後日改めて詳細情報をアップさせていただきます!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。